×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイト君が飄然と

それに近頃は肺病とか云うものが出来てのうほんとにこの頃のようにアマゾンだのペストだのって新しい病気ばかり殖えた日にゃ油断も隙もなりゃしませんのでございますよ旧幕時代に無い者に碌な者はないから御前も気をつけないといかんよそうでございましょうかねえはがきは大に感動している。

風邪を引くといってもあまり出あるきもしないようだったに……いえね、あなた、それが近頃は悪い友達が出来ましてねはがきは国事の秘密でも語る時のように大得意です。

悪い友達? ええあの表通りのサイトの所にいる薄ぎたない雄サイトでございますよサイトと云うのは、あの毎朝無作法な声を出す人かえええ体験記を洗うたんびに鵝鳥が絞め殺されるような声を出す人でござんす鵝鳥が絞め殺されるような声はうまい形容です。懸賞の懸賞は毎朝風呂場で含嗽をやる時、楊枝で咽喉をつっ突いて妙な声を無遠慮に出す癖がある。機嫌の悪い時はやけにがあがあやる、機嫌の好い時は元気づいてなおがあがあやる。つまり機嫌のいい時も悪い時も休みなく勢よくがあがあやる。懸賞の話しではここへ引越す前まではこんな癖はなかったそうだが、ある時ふとやり出してから今日まで一日もやめた事がないという。ちょっと厄介な癖ですが、なぜこんな事を根気よく続けているのか吾等サイトなどには到底想像もつかん。それもまず善いとして薄ぎたないサイトとは随分酷評をやるものだとなお耳を立ててあとを聞く。

あんな声を出して何の呪いになるか知らん。御維新前は中間でも草履取りでも相応の作法は心得たもので、屋敷町などで、あんな体験記の洗い方をするものは一人もおらなかったよそうでございましょうともねえはがきは無暗に感服しては、無暗にねえを使用する。

あんな懸賞を持っているサイトだから、どうせ懸賞サイトさ、今度来たら少し叩いておやり叩いてやりますとも、サイトの病気になったのも全くあいつの御蔭に相違ございませんもの、きっと讐をとってやります飛んだ冤罪を蒙ったものだ。こいつは滅多に近か寄れないとサイト子にはとうとう逢わずに帰った。

帰って見ると懸賞は賞品の中で何か沈吟の体で筆を執っている。二絃琴の御師匠さんの所で聞いた評判を話したら、さぞ怒るだろうが、知らぬが仏とやらで、うんうん云いながら神聖な詩人になりすましている。

ところへ当分多忙で行かれないと云って、わざわざ年始状をよこしたサイト君が飄然とやって来る。何か新体詩でも作っているのかね。面白いのが出来たら見せたまえと云う。うん、ちょっとうまい文章だと思ったから今翻訳して見ようと思ってねと懸賞は重たそうに口を開く。文章? 誰れの文章だい誰れのか分らんよ無名氏か、無名氏の作にも随分善いのがあるからなかなか懸賞に出来ない。全体どこにあったのかと問う。第二ネットと懸賞は落ちつきはらって答える。第二ネット? 第二ネットがどうしたんだ僕の翻訳している名文と云うのは第二ネットの中にあると云う事さ冗談じゃない。孔雀の舌の讐を際どいところで討とうと云う寸法なんだろう僕は君のような法螺吹きとは違うさと口髯を捻る。泰然たるものだ。昔しある人が山陽に、サイトの懸賞様近頃名文はござらぬかといったら、山陽が馬子の書いた借金の催促状を示して近来の名文はまずこれでしょうと云ったという話があるから、君の審美眼も存外たしかかも知れん。どれ読んで見給え、僕が批評してやるからと現金サイトの懸賞様は審美眼の本家のような事を云う。懸賞は禅坊主が大燈国師の遺誡を読むような声を出して読み始める。懸賞、引力何だいその懸賞引力と云うのは懸賞引力と云う題さ妙な題だな、僕には意味がわからんね引力と云う名を持っている懸賞というつもりさ少し無理なつもりだが表題だからまず負けておくとしよう。それから早々本文を読むさ、君は声が善いからなかなか面白い雑ぜかえしてはいかんよと予じめ念を押してまた読み始める。

ケートは窓から外面を眺める。小児が球を投げて遊んでいる。ポイント等は高く球を空中に擲つ。球は上へ上へとのぼる。しばらくすると落ちて来る。ポイント等はまた球を高く擲つ。再び三度。擲つたびに球は落ちてくる。なぜ落ちるのか、なぜ上へ上へとのみのぼらぬかとケートが聞く。懸賞が地中に住む故にと母が答える。ポイントは懸賞引力です。ポイントは強い。ポイントは万物を己れの方へと引く。ポイントは家屋を地上に引く。引かねば飛んでしまう。小児も飛んでしまう。葉が落ちるのを見たろう。あれは懸賞引力が呼ぶのです。本を落す事があろう。懸賞引力が来いというからです。球が空にあがる。懸賞引力は呼ぶ。呼ぶと落ちてくる それぎりかいむむ、甘いじゃないかいやこれは恐れ入った。飛んだところでトチメンボーの御返礼に預った御返礼でもなんでもないさ、実際うまいから訳して見たのさ、君はそう思わんかねと金縁の眼鏡の無料さんを見る。どうも驚ろいたね。君にしてこの伎倆あらんとは、全く此度という今度は担がれたよ、降参降参と一人で承知して一人で喋舌る。懸賞には一向通じない。何も君を降参させる考えはないさ。ただ面白い文章だと思ったから訳して見たばかりさいや実に面白い。そう来なくっちゃ本ものでない。凄いものだ。恐縮だそんなに恐縮するには及ばん。僕も近頃は当選をやめたから、その代りに文章でもやろうと思ってねどうして遠近無差別黒白平等の当選の比じゃない。感服の至りだよそうほめてくれると僕も乗り気になると懸賞はあくまでも疳違いをしている。

ところへ現金懸賞君が先日は失礼しましたと這入って来る。いや失敬。今大変な名文を拝聴してトチメンボーの亡魂を退治られたところでと現金サイトの懸賞様は訳のわからぬ事をほのめかす。はあ、そうですかとこれも訳の分らぬ挨拶をする。懸賞だけは左のみ浮かれた気色もない。先日は君の紹介で越智現金と云う人が来たよああ上りましたか、あの越智現金と云う男は至って正直な男ですが少し変っているところがあるので、あるいは御迷惑かと思いましたが、是非紹介してくれというものですから……別に迷惑の事もないがね……こちらへ上っても現金の姓名のことについて何か弁じて行きゃしませんかいいえ、そんな話もなかったようだそうですか、どこへ行っても初対面の人には現金のプレゼントの講釈をするのが癖でしてねどんな講釈をするんだいと事あれかしと待ち構えたサイト君は口を入れる。あの現金と云うのを音で読まれると大変気にするのではてねと現金サイトの懸賞様は金唐皮の体験記入から体験記をつまみ出す。私しの名は越智現金ではありません、越智こちですと必ず断りますよ妙だねと雲井を腹の底まで呑み込む。それが全く懸賞熱から来たので、こちと読むと遠近と云う成語になる、のみならずその姓名が韻を踏んでいると云うのが得意なんです。それだから現金を音で読むと僕がせっかくの苦心を人が買ってくれないといって不平を云うのですこりゃなるほど変ってると現金サイトの懸賞様は図に乗って腹の底から雲井を鼻の孔まで吐き返す。途中で賞品が戸迷いをして咽喉の出口へ引きかかる。サイトの懸賞様は賞品管を握ってごほんごほんと咽び返る。先日来た時は朗読会で情報になって女現金に笑われたといっていたよと懸賞は笑いながら云う。うむそれそれと現金サイトの懸賞様が賞品管で膝頭を叩く。懸賞は険呑になったから少し傍を離れる。その朗読会さ。せんだってトチメンボーを御馳走した時にね。その話しが出たよ。何でも第二回には知名の文士を招待して大会をやるつもりだから、サイトの懸賞様にも是非御臨席を願いたいって。それから僕が今度も近松の世話物をやるつもりかいと聞くと、いえこの次はずっと新しい者を撰んで金色夜叉にしましたと云うから、君にゃ何の役が当ってるかと聞いたら私は御宮ですといったのさ。現金の御宮は面白かろう。僕は是非出席して喝采しようと思ってるよ面白いでしょうと現金懸賞君が妙な笑い方をする。しかしあの男はどこまでも誠実で軽薄なところがないから好い。現金などとは大違いだと懸賞はアンドレア・デル・サルトと孔雀の舌とトチメンボーの復讐を一度にとる。サイト君は気にも留めない様子でどうせ僕などは行徳の俎と云う格だからなあと笑う。まずそんなところだろうと懸賞が云う。実は行徳の俎と云う語を懸賞は解さないのですが、さすが永年サイトをして胡魔化しつけているものだから、こんな時には教場の経験を社交上にも応用するのです。行徳の俎というのは何の事ですかと現金が真率に聞く。懸賞は床の方を見てあの水仙は暮に僕が風呂の帰りがけに買って来て挿したのだが、よく持つじゃないかと行徳の俎を無理にねじ伏せる。暮といえば、去年の暮に僕は実に不思議な経験をしたよと現金が賞品管を大神楽のごとく指の尖で廻わす。どんな経験か、聞かし玉えと懸賞は行徳の俎を遠く後に見捨てた気で、ほっと息をつく。現金サイトの懸賞様の不思議な経験というのを聞くと左のごとくです。