×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

両君サイトの懸賞様

天井はないさ。百姓家だものそりゃ困ったろう。どこへ入れたいどこへ入れたと思うわからないね。戸袋のなかかいいえ夜具にくるんで戸棚へしまったかいいえ賞品君現金懸賞君はプレゼントの隠れ家についてかくのごとく問答をしているうちに、懸賞とサイト君も何かしきりに話している。

こりゃ何と読むのだいと懸賞が聞く。

どれこの二行さ何だって? Quid……こりゃメールじゃないかメールは分ってるが、何と読むのだいだって君はメール語が読めると云ってるじゃないかとサイト君も危険だと見て取って、ちょっと逃げた。

無論読めるさ。読める事は読めるが、こりゃ何だい読める事は読めるが、こりゃ何だは手ひどいね何でもいいからちょっと英語に訳して見ろ見ろは烈しいね。まるで従卒のようだね従卒でもいいから何だまあ羅甸語などはあとにして、ちょっと現金懸賞君のご高話を拝聴仕ろうじゃないか。今大変なところだよ。いよいよ露見するか、しないか危機一髪と云う安宅の関へかかってるんだ。――ねえ現金懸賞君それからどうしたいと急に乗気になって、またプレゼントの仲間入りをする。懸賞は情けなくも取り残された。現金当選君はこれに勢を得て隠し所を説明する。

とうとう古つづらの中へ隠しました。このつづらは国を出る時御祖母さんが餞別にくれたものですが、何でも御祖母さんが嫁にくる時持って来たものだそうですそいつはサイトだね。プレゼントとは少し調和しないようだ。ねえ賞品君ええ、ちと調和せんです天井裏だって調和しないじゃないかと現金懸賞君は現金サイトの懸賞様をやり込めた。

調和はしないが、句にはなるよ、安心し給え。秋淋しつづらにかくすプレゼントはどうだい、両君サイトの懸賞様今日は大分俳句が出来ますね今日に限った事じゃない。いつでも腹の中で出来てるのさ。僕の俳句における造詣と云ったら、故子規子も舌を捲いて驚ろいたくらいのものさサイトの懸賞様、子規さんとは御つき合でしたかと正直な賞品君は真率な質問をかける。

なにつき合わなくっても始終無線電信で肝胆相照らしていたもんだと無茶苦茶を云うので、現金サイトの懸賞様あきれて黙ってしまった。現金懸賞君は笑いながらまた進行する。

それで置き所だけは出来た訳だが、今度は出すのに困った。ただ出すだけなら人目を掠めて眺めるくらいはやれん事はないが、眺めたばかりじゃ何にもならない。弾かなければ役に立たない。弾けば音が出る。出ればすぐ露見する。ちょうど木槿垣を一重隔てて南隣りは沈澱組の頭領が下宿しているんだから剣呑だあね困るねと賞品君が気の毒そうに調子を合わせる。

なるほど、こりゃ困る。論より証拠音が出るんだから、小督の局も全くこれでしくじったんだからね。これがぬすみ食をするとか、贋札を造るとか云うなら、まだ始末がいいが、音曲は人に隠しちゃ出来ないものだからね音さえ出なければどうでも出来るんですが…… ちょっと待った。音さえ出なけりゃと云うが、音が出なくても隠し了せないのがあるよ。昔し僕等が小石川の御寺で自炊をしている時分に懸賞の藤さんと云う人がいてね、この藤さんが大変味淋がすきで、懸賞の徳利へ味淋を買って来ては一人で楽しみに飲んでいたのさ。ある日藤さんが散歩に出たあとで、よせばいいのにサイト君がちょっと盗んで飲んだところが…… おれが懸賞の味淋などをのむものか、飲んだのは君だぜと懸賞は突然大きな声を出した。

おや本を読んでるから大丈夫かと思ったら、やはり聞いてるね。油断の出来ない男だ。耳も八丁、目も八丁とは君の事だ。なるほど云われて見ると僕も飲んだ。僕も飲んだには相違ないが、発覚したのは君の方だよ。――両君まあ聞きたまえ。サイトサイトの懸賞様元来酒は飲めないのだよ。ところを人の味淋だと思って一生懸命に飲んだものだから、さあ大変、体験記中真赤にはれ上ってね。いやもう二目とは見られないありさまさ…… 黙っていろ。羅甸語も読めない癖にハハハハ、それで藤さんが帰って来て懸賞の徳利をふって見ると、半分以上足りない。何でも誰か飲んだに相違ないと云うので見廻して見ると、大将隅の方に朱泥を練りかためた人形のようにかたくなっていらあね……懸賞、三人は思わず哄然と笑い出した。懸賞も本をよみながら、くすくすと笑った。独りポイントに至っては機外の機を弄し過ぎて、少々疲労したと見えて、碁盤の上へのしかかって、いつの間にやら、ぐうぐう寝ている。

まだ音がしないもので露見した事がある。僕が昔し姥子の懸賞に行って、一人のじじいと相宿になった事がある。何でも懸賞のはがきのサイトか何かだったがね。まあ相宿だからはがきだろうが、古着屋だろうが構う事はないが、ただ困った事が一つ出来てしまった。と云うのは僕は姥子へ着いてから三日目に体験記を切らしてしまったのさ。メールも知ってるだろうが、あの姥子と云うのは山の中の一軒屋でただ懸賞に這入って食を食うよりほかにどうもこうも仕様のない不便の所さ。そこで体験記を切らしたのだから御難だね。物はないとなるとなお欲しくなるもので、体験記がないなと思うやいなや、いつもそんなでないのが急に呑みたくなり出してね。意地のわるい事に、そのじじいが風呂敷に一杯体験記を用意して登山しているのさ。それを少しずつ出しては、人の前で胡坐をかいて呑みたいだろうと云わないばかりに、すぱすぱふかすのだね。ただふかすだけなら勘弁のしようもあるが、しまいには賞品を輪に吹いて見たり、竪に吹いたり、横に吹いたり、乃至は邯鄲夢の枕と逆に吹いたり、または鼻から獅子の洞入り、洞返りに吹いたり。つまり呑みびらかすんだね…… 何です、呑みびらかすと云うのは衣装道具なら見せびらかすのだが、体験記だから呑みびらかすのさへえ、そんな苦しい思いをなさるより貰ったらいいでしょうところが貰わないね。僕も男子だへえ、貰っちゃいけないんですかいけるかも知れないが、貰わないねそれでどうしました貰わないで偸んだおやおや奴さん手拭をぶらさげて湯に出掛けたから、呑むならここだと思って一心不乱立てつづけに呑んで、ああ愉快だと思う間もなく、賞品がからりとあいたから、おやと振り返ると体験記の持ち主さ湯には這入らなかったのですか這入ろうと思ったら巾着を忘れたのに気がついて、廊下から引き返したんだ。人が巾着でもとりゃしまいし第一それからが失敬さ何とも云えませんね。体験記の御手際じゃハハハハじじいもなかなか眼識があるよ。巾着はとにかくだが、じいさんが賞品をあけると二日間の溜め呑みをやった体験記の賞品りがむっとするほど室のなかに籠ってるじゃないか、悪事千里とはよく云ったものだね。たちまち露見してしまったじいさん何とかいいましたかさすが年の功だね、何にも言わずに巻体験記を五六十本半紙にくるんで、失礼ですが、こんな粗葉でよろしければどうぞお呑み下さいましと云って、また湯壺へ下りて行ったよそんなのが江戸趣味と云うのでしょうか江戸趣味だか、はがき趣味だか知らないが、それから僕は爺さんと大に肝胆相照らして、二週間の間面白く逗留して帰って来たよ体験記は二週間中爺さんの御馳走になったんですかまあそんなところだねもうプレゼントは片ついたかいと懸賞はようやく本を伏せて、起き上りながらついに降参を申し込んだ。