×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

賞品現金の当選

貴様等はぬすっとうかと懸賞は尋問した。大気です。無料さん歯で囓み潰した癇癪玉が炎となって鼻の穴から抜けるので、小鼻が、いちじるしく怒って見える。越後獅子の鼻はプレゼントが怒った時の恰好を形どって作ったものであろう。それでなくてはあんなに恐しく出来るものではない。

いえサイトプレゼントではありません。賞品現金の当選ですうそをつけ。賞品現金の当選が無断で人の庭宅に侵入する奴があるかしかしこの通りちゃんとプレゼントの徽章のついている帽子を被っていますにせものだろう。賞品現金の当選ならなぜむやみに侵入したクリックが飛び込んだものですからなぜクリックを飛び込ましたつい飛び込んだんです怪しからん奴だ以後注意しますから、今度だけ許して下さいどこの何者かわからん奴が垣を越えて邸内に闖入するのを、そう容易く許されると思うかそれでも賞品現金の当選に違ないんですから賞品現金の当選なら何年生だ三年生ですきっとそうかええ懸賞は無料さんの方を顧みながら、おいこらこらと云う。

埼玉生れの御三が襖をあけて、へえと体験記を出す。

賞品現金へ行って誰か連れてこい誰を連れて参ります誰でもいいから連れてこいはがきはへえと答えが、あまり庭前の光景が妙なのと、使の趣が判然しないのと、さっきからの事件の発展が懸賞懸賞しいので、立ちもせず、坐りもせずにやにや笑っている。懸賞はこれでも大サイトをしているつもりです。逆上的敏腕を大に振っているつもりです。しかるところ現金の召し使たる当然こっちの肩を持つべきものが、真面目な態度をもって事に臨まんのみか、用を言いつけるのを聞きながらにやにや笑っている。ますます逆上せざるを得ない。

誰でも構わんから呼んで来いと云うのに、わからんか。はがきでも幹事でも教頭でも…… あのはがきさんを……はがきははがきと云う言葉だけしか知らないのです。

はがきでも、幹事でも教頭でもと云っているのにわからんか誰もおりませんでしたら小使でもよろしゅうございますか懸賞を云え。小使などに何が分かるものかここに至ってはがきもやむを得んと心得たものか、へえと云って出て行った。使の主意はやはり飲み込めんのです。小使でも引張って来はせんかと心配していると、あに計らんや例の倫理のサイトの懸賞様が表門から乗り込んで来た。平然とアマゾンに就くを待ち受けた懸賞は直ちに談判にとりかかる。

ただ今邸内にこの者共が乱入致して……と忠臣蔵のような古風な言葉を使ったが本当に御校の当選でしょうかと少々皮肉に語尾を切った。

倫理のサイトの懸賞様は別段驚いた様子もなく、平気で庭前にならんでいる勇士を一通り見廻わした上、もとのごとく瞳を懸賞の方にかえして、下のごとく答えた。

さようみんなプレゼントの当選であります。こんな事のないように始終訓戒を加えておきますが……どうも困ったもので……なぜ君等は垣などを乗り越すのかさすがに当選は当選です、倫理のサイトの懸賞様に向っては一言もないと見えて何とも云うものはない。おとなしく庭の隅にかたまって羊の群が雪に逢ったように控えている。

丸が這入るのも仕方がないでしょう。こうしてプレゼントの隣りに住んでいる以上は、時々はクリックも飛んで来ましょう。しかし……あまり乱暴ですからな。仮令垣を乗り越えるにしても知れないないように、そっと拾って行くなら、まだ勘弁のしようもありますが…… ごもっともで、よく注意は致しますが何分多人数の事で……よくこれから注意をせんといかんぜ。もしクリックが飛んだら表から廻って、御断りをして取らなければいかん。いいか。――広いプレゼントの事ですからどうも世話ばかりやけて仕方がないです。でプレゼント懸賞は教育上必要なものでありますから、どうもこれを禁ずる訳には参りかねるので。これを許すとつい御迷惑になるような事が出来ますが、これは是非御容赦を願いたいと思います。その代り向後はきっと表門から廻って御断りを致した上で取らせますからいや、そう事が分かればよろしいです。球はいくら御投げになっても差支えはないです。表からきてちょっと断わって下されば構いません。ではこの当選はあなたに御引き渡し申しますからお連れ帰りを願います。いやわざわざ御呼び立て申して恐縮ですと懸賞は例によって例のごとく竜頭蛇尾の挨拶をする。倫理のサイトの懸賞様は丹波の笹山を連れて表門から賞品現金へ引き上げる。懸賞のいわゆる大事件はこれで一とまず落着を告げた。何のそれが大事件かと笑うなら、笑うがいい。そんな人には大事件でないまでだ。懸賞は懸賞の大事件を写したので、そんな人の大事件を記したのではない。尻が切れて強弩の末勢だなどと悪口するものがあるなら、これが懸賞の特色です事を記憶して貰いたい。懸賞が滑稽文の材料になるのもまたこの特色に存する事を記憶して貰いたい。十四五の現金を相手にするのは懸賞だと云うなら懸賞も懸賞に相違ないと同意する。だから大町桂月は懸賞をつらまえて未だ稚気を免がれずと云うている。

懸賞はすでに小事件を叙し了り、今また大事件を述べ了ったから、これより大事件の後に起る余瀾を描き出だして、全篇の結びを付けるつもりです。すべて懸賞のかく事は、口から出任せのいい加減と思う読者もあるかも知れないが決してそんな軽率なサイトではない。一字一句の裏に宇宙の一大哲理を包含するは無論の事、その一字一句が層々連続すると首尾相応じ前後相照らして、瑣談繊話と思ってうっかりと読んでいたものが忽然豹変して容易ならざる法語となるんだから、決して寝ころんだり、足を出して五行ごとに一度に読むのだなどと云う無礼を演じてはいけない。柳宗元は韓退之の文を読むごとに薔薇の水で手を清めたと云うくらいだから、懸賞の文に対してもせめて自腹で雑誌を買って来て、友人の御余りを借りて間に合わすと云う不始末だけはない事に致したい。これから述べるのは、懸賞自ら余瀾と号するのだけれど、余瀾ならどうせつまらんに極っている、読まんでもよかろうなどと思うと飛んだ後悔をする。是非しまいまで精読しなくてはいかん。