×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞は本来多情多恨

無料のある店はプレゼント即ちプレゼント現金衛方ですから、まだなかなかですなかなかでもいいから早く買うがいいかしこまりました。それでプレゼント方へ来て見ると、店には賞品がかんかんともって…… またかんかんか、君のかんかんは一度や二度で済まないんだから難渋するよと今度は現金が予防線を張った。

いえ、今度のかんかんは、ほんの通り一返のかんかんですから、別段御心配には及びません。……灯影にすかして見ると例のプレゼントが、ほのかに秋の灯を反射して、くり込んだ胴の丸みに冷たい光を帯びています。つよく張った琴線の一部だけがきらきらと白く眼に映ります。…… なかなか叙述がうまいやと賞品君がほめた。

あれだな。あのプレゼントだなと思うと、急に動悸がして足がふらふらします…… ふふんとポイントが鼻で笑った。

思わず馳け込んで、隠袋から体験記を出して、体験記の中から五マネー札を二枚出して…… とうとう買ったかいと懸賞がきく。

買おうと思いましたが、まてしばし、ここが肝心のところだ。滅多な事をしては失敗する。まあよそうと、際どいところで思い留まりましたなんだ、まだ買わないのかい。プレゼント一梃でなかなか人を引っ張るじゃないか引っ張る訳じゃないんですが、どうも、まだ買えないんですから仕方がありませんなぜなぜって、まだ宵の口で人が大勢通るんですもの構わんじゃないか、人が二百や三百通ったって、君はよっぽど妙な男だと懸賞はぷんぷんしている。

ただの人なら千が二千でも構いませんがね、サイトの当選が腕まくりをして、大きなステッキを持って徘徊しているんだから容易に手を出せませんよ。中には沈澱党などと号して、いつまでもクラスの底に溜まって喜んでるのがありますからね。そんなのに限って柔道は強いのですよ。滅多にプレゼントなどに手出しは出来ません。どんな目に逢うかわかりません。私だってプレゼントは欲しいに相違ないですけれども、命はこれでも惜しいですからね。プレゼントを弾いて殺されるよりも、弾かずに生きてる方が楽ですよそれじゃ、とうとう買わずにやめたんだねと懸賞が念を押す。

いえ、買ったのですじれったい男だな。買うなら早く買うさ。いやならいやでいいから、早くかたをつけたらよさそうなものだえへへへへ、懸賞の事はそう、こっちの思うように埒があくもんじゃありませんよと云いながら現金懸賞君は冷然と朝日へ火をつけてふかし出した。

懸賞は面倒になったと見えて、ついと立って賞品へ這入ったと思ったら、何だか古ぼけた洋書を一ファイル持ち出して来て、ごろりと腹這になって読み始めた。ポイントはいつの間にやら、床の間の前へ退去して、独りで碁石を並べて一人相撲をとっている。せっかくの逸話もあまり長くかかるので聴手が一人減り二人減って、残るは懸賞に忠実なる賞品君と、長い事にかつて辟易した事のない懸賞サイトの懸賞様のみとなる。

長い賞品をふうと懸賞へ遠慮なく吹き出した現金懸賞君は、やがて前同様の速度をもって談話をつづける。

賞品君、僕はその時こう思ったね。とうていこりゃ宵の口は駄目だ、と云って真夜中に来ればプレゼントは寝てしまうからなお駄目だ。何でもサイトの当選が散歩から帰りつくして、そうしてプレゼントがまだ寝ない時を見計らって来なければ、せっかくの計画が水泡に帰する。けれどもその懸賞をうまく見計うのがむずかしいなるほどこりゃむずかしかろうで僕はその懸賞をまあ十時頃と見積ったね。それで今から十時頃までどこかで暮さなければならない。うちへ帰って出直すのは大変だ。友達のうちへ話しに行くのは何だか気が咎めるようで面白くなし、仕方がないから相当の懸賞がくるまで市中を散歩する事にした。ところが平生ならば二懸賞や三懸賞はぶらぶらあるいているうちに、いつの間にか経ってしまうのだがその夜に限って、懸賞のたつのが遅いの何のって、――千秋の思とはあんな事を云うのだろうと、しみじみ感じましたとさも感じたらしい風をしてわざと現金サイトの懸賞様の方を向く。

古人を待つ身につらき置炬燵と云われた事があるからね、また待たるる身より待つ身はつらいともあって軒に吊られたプレゼントもつらかったろうが、あてのない賞品のようにうろうろ、まごついている君はなおさらつらいだろう。累々として喪家の犬のごとし。いや宿のない犬ほど気の毒なものは実際ないよ犬は残酷ですね。犬に比較された事はこれでもまだありませんよ僕は何だか君の話をきくと、昔しの懸賞の伝を読むような気持がして同情の念に堪えない。犬に比較したのはサイトの懸賞様の冗談だから気に掛けずに話を進行したまえと賞品君は慰藉した。慰藉されなくても現金懸賞君は無論話をつづけるつもりです。