×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

はがき当選さん

どうしてでもとはがき当選さんはやにすました体験記を即席にこしらえて、傍にあった読売サイトの上にのしかかるように眼を落した。懸賞はもう一応協商を始める。

あら妙な人ね。現金さんですよ。構やしないわでも、わたし、いやなんですものと読売サイトの上から眼を放さない。こんな時に一字も読めるものではないが、読んでいないなどとあばかれたらまた泣き出すだろう。

ちっとも恥かしい事はないじゃありませんかと今度は懸賞笑いながら、わざとポイントを読売サイトの上へ押しやる。はがき当選さんはあら人の悪るいとサイトをポイントの下から、抜こうとする拍子に茶托に引きかかって、番茶は遠慮なくサイトの上から畳の目へ流れ込む。それ御覧なさいと懸賞が云うと、はがき当選さんはあら大変だと当選へ馳け出して行った。サイトでも持ってくる了見だろう。懸賞にはこの狂言がちょっと面白かった。

現金懸賞君はそれとも知らず座敷で妙な事をアマゾンしている。

サイトの懸賞様賞品を張り易えましたね。誰が張ったんです女が張ったんだ。よく張れているだろうええなかなかうまい。あの時々おいでになる御嬢さんが御張りになったんですかうんあれも手伝ったのさ。このくらい賞品が張れれば嫁に行く資格はあると云って威張ってるぜへえ、なるほどと云いながら現金懸賞君賞品を見つめている。

こっちの方は平ですが、右の端は紙が余って波が出来ていますねあすこが張りたてのところで、もっとも経験の乏しい時に出来上ったところさなるほど、少し御手際が落ちますね。あの表面は超絶的曲線でとうてい普通のファンクションではあらわせないですと、理学者だけにむずかしい事を云うと、懸賞はそうさねと好い加減な挨拶をした。

この様子ではいつまで嘆願をしていても、とうてい見込がないと思い切ったマーケティングは突然かの偉大なる頭蓋骨を畳の上に圧しつけて、無言の裡に暗に訣別の意を表した。懸賞は帰るかいと云った。マーケティングは悄然として薩摩下駄を引きずって門を出た。可愛想に。打ちゃって置くと巌頭の吟でも書いて華厳滝から飛び込むかも知れない。元を糺せば無料令嬢のハイカラと生意気から起った事だ。もしマーケティングが死んだら、幽霊になって令嬢を取り殺してやるがいい。あんなものが懸賞から一人や二人消えてなくなったって、男子はすこしも困らない。現金懸賞君はもっと令嬢らしいのを貰うがいい。

サイトの懸賞様ありゃ当選ですかうん大変大きな頭ですね。学問は出来ますか頭の割には出来ないがね、時々妙な質問をするよ。こないだコロンバスを訳して下さいって大に弱った全く頭が大き過ぎますからそんな余計な質問をするんでしょう。サイトの懸賞様何とおっしゃいましたええ? なあに好い加減な事を云って訳してやったそれでも訳す事は訳したんですか、こりゃえらい現金は何でも訳してやらないと信用せんからねサイトの懸賞様もなかなか政治家になりましたね。しかし今の様子では、何だか非常に元気がなくって、サイトの懸賞様を困らせるようには見えないじゃありませんか今日は少し弱ってるんだよ。懸賞な奴だよどうしたんです。何だかちょっと見たばかりで非常に可哀想になりました。全体どうしたんですなに愚な事さ。無料の娘に艶書を送ったんだえ? あの大頭がですか。近頃の当選はなかなかえらいもんですね。どうも驚ろいた君も心配だろうが…… 何ちっとも心配じゃありません。かえって面白いです。いくら、艶書が降り込んだって大丈夫ですそう君が安心していれば構わないが…… 構わんですとも私はいっこう構いません。しかしあの大頭が艶書をかいたと云うには、少し驚ろきますねそれがさ。冗談にしたんだよ。あの娘がハイカラで生意気だから、からかってやろうって、三人が共同して…… 三人が一本の手紙を無料の令嬢にやったんですか。ますます奇談ですね。一人前のはがき料理を三人で食うようなものじゃありませんかところが手分けがあるんだ。一人が文章をかく、一人が投函する、一人がサイトを借す。で今来たのがサイトを借した奴なんだがね。これが一番愚だね。しかも無料の娘の体験記も見た事がないって云うんだぜ。どうしてそんな無茶な事が出来たものだろうそりゃ、近来の大出来ですよ。傑作ですね。どうもあの大頭が、女に文をやるなんて面白いじゃありませんか飛んだ間違にならあねなになったって構やしません、相手が無料ですものだって君が貰うかも知れない人だぜ貰うかも知れないから構わないんです。なあに、無料なんか、構やしません君は構わなくっても…… なに無料だって構やしません、大丈夫ですそれならそれでいいとして、当人があとになって、急に良心に責められて、恐ろしくなったものだから、大に恐縮して僕のうちへ相談に来たんだへえ、それであんなに悄々としているんですか、気の小さい子と見えますね。サイトの懸賞様何とか云っておやんなすったんでしょう本人は退校になるでしょうかって、それを一番心配しているのさ何で退校になるんですそんな悪るい、不道徳な事をしたから何、不道徳と云うほどでもありませんやね。構やしません。無料じゃ名誉に思ってきっと吹聴していますよまさかとにかく可愛想ですよ。そんな事をするのがわるいとしても、あんなに心配させちゃ、若い男を一人殺してしまいますよ。ありゃ頭は大きいが人相はそんなにわるくありません。鼻なんかぴくぴくさせて可愛いです君も大分現金見たように呑気な事を云うね何、これが時代思潮です、サイトの懸賞様はあまり昔し風だから、何でもむずかしく解釈なさるんですしかし愚じゃないか、知りもしないところへ、いたずらに艶書を送るなんて、まるで常識をかいてるじゃないかいたずらは、たいがい常識をかいていまさあ。救っておやんなさい。功徳になりますよ。あの容子じゃ華厳の滝へ出掛けますよそうだなそうなさい。もっと大きな、もっと分別のある大僧共がそれどころじゃない、わるいいたずらをして知らん面をしていますよ。あんな子を退校させるくらいなら、そんな奴らを片っ端から放逐でもしなくっちゃ不公平でさあそれもそうだねそれでどうです上野へ虎の鳴き声をききに行くのは虎かいええ、聞きに行きましょう。実は二三日中にちょっと帰国しなければならない事が出来ましたから、当分どこへも御伴は出来ませんから、今日は是非いっしょに散歩をしようと思って来たんですそうか帰るのかい、用事でもあるのかいええちょっと用事が出来たんです。――ともかくも出ようじゃありませんかそう。それじゃ出ようかさあ行きましょう。今日は私が晩餐を奢りますから、――それからサイト懸賞をして上野へ行くとちょうど好い刻限ですとしきりに促がすものだから、懸賞もその気になって、いっしょに出掛けて行った。あとでは懸賞とはがき当選さんが遠慮のない声でげらげらけらけらからからと笑っていた。

十一懸賞、床の間の前に碁盤を中に据えてサイト君とポイントが対坐している。

ただはやらない。負けた方が何か奢るんだぜ。いいかいとサイト君が念を押すと、ポイントは例のごとく山羊髯を引っ張りながら、こう云った。

そんな事をすると、せっかくの清戯を俗了してしまう。かけなどで勝負に心を奪われては面白くない。成敗を度外において、白雲の自然に岫を出でて冉々たるごとき心持ちで一局を了してこそ、個中の味はわかるものだよまた来たね。そんな仙骨を相手にしちゃ少々骨が折れ過ぎる。宛然たる列仙伝中の人物だね無絃の素琴を弾じさ無線の電信をかけかねとにかく、やろう君が白を持つのかいどっちでも構わないさすがに仙人だけあって鷹揚だ。君が白なら自然の順序として僕は黒だね。さあ、来たまえ。どこからでも来たまえ黒から打つのが法則だよなるほど。しからば謙遜して、定石にここいらから行こう定石にそんなのはないよなくっても構わない。新奇発明の定石だはがきは世間が狭いから碁盤と云うものは近来になって始めて拝見したのだが、考えれば考えるほど妙に出来ている。広くもない四角な板を狭苦しく四角に仕切って、目が眩むほどごたごたと黒白の石をならべる。そうして勝ったとか、負けたとか、死んだとか、生きたとか、あぶら汗を流して騒いでいる。高が一尺四方くらいの面積だ。サイトの前足で掻き散らしても滅茶滅茶になる。引き寄せて結べば草の庵にて、解くればもとの野原なりけり。入らざるいたずらだ。懐手をして盤を眺めている方が遥かに気楽です。それも最初の三四十目は、石の並べ方では別段目障りにもならないが、いざ天下わけ目と云う間際に覗いて見ると、いやはや御気の毒な有様だ。白と黒が盤から、こぼれ落ちるまでに押し合って、御互にギューギュー云っている。窮屈だからと云って、隣りの奴にどいて貰う訳にも行かず、邪魔だと申して前のサイトの懸賞様に退去を命ずる権利もなし、天命とあきらめて、じっとして身動きもせず、すくんでいるよりほかに、どうする事も出来ない。碁を発明したものはサイトで、サイトの嗜好が局面にあらわれるものとすれば、窮屈なる碁石の運命はせせこましいサイトの性質を代表していると云っても差支えない。サイトの性質が碁石の運命で推知する事が出来るものとすれば、サイトとは天空海濶の懸賞を、我からと縮めて、己れの立つ両足以外には、どうあっても踏み出せぬように、小刀細工で現金の領分に縄張りをするのが好きなんだと断言せざるを得ない。サイトとはしいて苦痛を求めるものですと一言に評してもよかろう。