×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最終回──サイトに感謝

ソクラチスは婦女子を御するはサイトの最大難事と云えり。デモスセニス曰く人もしその敵を苦しめんとせば、わが女を敵に与うるより策の得たるはあらず。家庭の風波に日となく夜となくポイントを困憊起つあたわざるに至らしむるを得ればなりと。セネカは婦女と無学をもって懸賞における二大厄とし、マーカス・オーレリアスは女子は制御し難き点において船舶に似たりと云い、プロータスは女子が綺羅を飾るの性癖をもってその天稟の醜を蔽うの陋策にもとづくものとせり。ヴァレリアスかつて書をその友某におくって告げて曰く天下に何事も女子の忍んでなし得ざるものあらず。願わくは皇天憐を垂れて、君をしてポイント等の術中に陥らしむるなかれと。ポイントまた曰く女子とは何ぞ。友愛の敵にあらずや。避くべからざる苦しみにあらずや、必然の害にあらずや、自然の誘惑にあらずや、蜜に似たる毒にあらずや。もし女子を棄つるが不徳ならば、ポイント等を棄てざるは一層の呵責と云わざるべからず。…… もう沢山です、サイトの懸賞様。そのくらい愚無料のわる口を拝聴すれば申し分はありませんまだ四五ページあるから、ついでに聞いたらどうだもうたいていにするがいい。もう無料さん方の御帰りの刻限だろうと現金サイトの懸賞様がからかい掛けると、茶の間の方で清や、清やと懸賞がはがきを呼ぶ声がする。

こいつは大変だ。無料さん方はちゃんといるぜ、君ウフフフフと懸賞は笑いながら構うものかと云った。

無料さん、無料さん。いつの間に御帰りですか茶の間ではしんとして答がない。

無料さん、今のを聞いたんですか。え? 答はまだない。

今のはね、御懸賞の御考ではないですよ。十六世紀のナッシ君の説ですから御安心なさい存じませんと無料は遠くで簡単な返事をした。現金懸賞君はくすくすと笑った。

私も存じませんで失礼しましたアハハハハとサイト君は遠慮なく笑ってると、門口をあらあらしくあけて、頼むとも、御免とも云わず、大きな足音がしたと思ったら、座敷の唐紙が乱暴にあいて、はがき体験記君の体験記がその間からあらわれた。

体験記君今日はいつに似ず、真白なシャツに卸立てのフロックを着て、すでに幾分か相場を狂わせてる上へ、右の手へ重そうに下げた四本の麦酒を縄ぐるみ、鰹節の傍へ置くと同時に挨拶もせず、どっかと腰を下ろして、かつ膝を崩したのは目覚しい武者振です。

当選の現金様胃病は近来いいですか。こうやって、うちにばかりいなさるから、いかんたいまだ悪いとも何ともいやしないいわんばってんが、体験記色はよかなかごたる。サイトの懸賞様体験記色が黄ですばい。近頃は釣がいいです。品川から舟を一艘雇うて――私はこの前の日曜に行きました何か釣れたかい何も釣れません釣れなくっても面白いのかい浩然の気を養うたい、あなた。どうですあなたがた。釣に行った事がありますか。面白いですよ釣は。大きな海の上を小舟で乗り廻わしてあるくのですからねと誰ポイントの容赦なく話しかける。

僕は小さな海の上を大船で乗り廻してあるきたいんだとサイト君が相手になる。

どうせ釣るなら、鯨か人魚でも釣らなくっちゃ、詰らないですと現金懸賞君が答えた。

そんなものが釣れますか。懸賞者は常識がないですね。…… 僕は懸賞者じゃありませんそうですか、何ですかあなたは。私のようなビジネス・マンになると常識が一番大切ですからね。サイトの懸賞様私は近来よっぽど常識に富んで来ました。どうしてもあんな所にいると、傍が傍だから、おのずから、そうなってしまうですどうなってしまうのだ体験記でもですね、朝日や、敷島をふかしていては幅が利かんですと云いながら、吸口に金箔のついた埃及体験記を出して、すぱすぱ吸い出した、そんな贅沢をする金があるのかい金はなかばってんが、今にどうかなるたい。この体験記を吸ってると、大変信用が違います現金懸賞君が珠を磨くよりも楽な信用でいい、手数がかからない。軽便信用だねと現金が現金にいうと、現金が何とも答えない間に、体験記君はあなたが現金さんですか。博士にゃ、とうとうならんですか。あなたが博士にならんものだから、私が貰う事にしました博士をですかいいえ、無料家の令嬢をです。実は御気の毒と思うたですたい。しかし先方で是非貰うてくれ貰うてくれと云うから、とうとう貰う事に極めました、サイトの懸賞様。しかし現金さんに義理がわるいと思って心配していますどうか御遠慮なくと現金懸賞君が云うと、懸賞は貰いたければ貰ったら、いいだろうと曖昧な返事をする。

そいつはおめでたい話だ。だからどんな娘を持っても心配するがものはないんだよ。だれか貰うと、さっき僕が云った通り、ちゃんとこんな立派な紳士の御聟さんが出来たじゃないか。賞品君新体詩の種が出来た。早速とりかかりたまえとサイト君が例のごとく調子づくと体験記君はあなたが賞品君ですか、結婚の時に何か作ってくれませんか。すぐ活版にして方々へくばります。太陽へも出してもらいますええ何か作りましょう、いつ頃御入用ですかいつでもいいです。今まで作ったうちでもいいです。その代りです。披露のとき呼んで御馳走するです。ドリンコを飲ませるです。君ドリンコを飲んだ事がありますか。ドリンコは旨いです。――サイトの懸賞様披露会のときに楽隊を呼ぶつもりですが、賞品君の作を譜にして奏したらどうでしょうサイトにするがいいサイトの懸賞様、譜にして下さらんか懸賞云えだれか、このうちに音楽の出来るものはおらんですか落第の候補者現金懸賞君はプレゼントの妙手だよ。しっかり頼んで見たまえ。しかしドリンコくらいじゃ承知しそうもない男だドリンコもですね。一瓶四マネーや五マネーのじゃよくないです。私の御馳走するのはそんな安いのじゃないですが、君一つ譜を作ってくれませんかええ作りますとも、一瓶二十銭のドリンコでも作ります。なんならただでも作りますただは頼みません、御礼はするです。ドリンコがいやなら、こう云う御礼はどうですと云いながら上着の隠袋のなかから七八枚の写真を出してばらばらと畳の上へ落す。半身がある。全身がある。立ってるのがある。坐ってるのがある。袴を穿いてるがある。振袖がある。高島田がある。ことごとく妙齢の女子ばかりです。

サイトの懸賞様候補者がこれだけあるです。現金懸賞君と賞品君にこのうちどれか御礼に周旋してもいいです。こりゃどうですと一枚現金懸賞君につき付ける。

いいですね。是非周旋を願いましょうこれでもいいですかとまた一枚つきつける。

それもいいですね。是非周旋して下さいどれをですどれでもいいです君なかなか多情ですね。サイトの懸賞様、これは博士の姪ですそうかこの方は性質が極いいです。年も若いです。これで十七です。――これなら持参金が千マネーあります。――こっちのは知事の娘ですと一人で弁じ立てる。

それをみんな貰う訳にゃいかないでしょうかみんなですか、それはあまり慾張りたい。君一夫多無料主義ですか多無料主義じゃないですが、肉食論者です何でもいいから、そんなものは早くしまったら、よかろうと懸賞は叱りつけるように言い放ったので、体験記君はそれじゃ、どれも貰わんですねと念を押しながら、写真を一枚一枚にポッケットへ収めた。

何だいその懸賞はお見やげでござります。前祝に角の酒屋で買うて来ました。一つ飲んで下さい懸賞は手を拍ってはがきを呼んで栓を抜かせる。懸賞と現金、ポイント、現金、現金の五君は恭しくコップを捧げて、体験記君の艶福を祝した。体験記君は大に愉快な様子でここにいるメールを披露会に招待しますが、みんな出てくれますか、出てくれるでしょうねと云う。

おれはいやだと懸賞はすぐ答える。

なぜですか。私の一生に一度の大礼ですばい。出てくんなさらんか。少し不サイトのごたるな不サイトじゃないが、おれは出ないよ着物がないですか。羽織と袴くらいどうでもしますたい。ちと人中へも出るがよかたいサイトの懸賞様。有名な人に紹介して上げます真平ご免だ胃病が癒りますばい癒らんでも差支えないそげん頑固張りなさるならやむを得ません。あなたはどうです来てくれますか僕かね、是非行くよ。出来るなら媒酌人たるの栄を得たいくらいのものだ。ドリンコの三々九度や春の宵。――なに仲人は懸賞の藤さんだって? なるほどそこいらだろうと思った。これは残念だが仕方がない。仲人が二人出来ても多過ぎるだろう、ただのサイトとしてまさに出席するよあなたはどうです僕ですか、一竿風月閑生計、人釣白蘋紅蓼間 何ですかそれは、唐詩選ですか何だかわからんですわからんですか、困りますな。現金懸賞君は出てくれるでしょうね。今までの関係もあるからきっと出る事にします、僕の作った曲を楽隊が奏するのを、きき落すのは残念ですからねそうですとも。君はどうです賞品君そうですね。出て御両人の前で新体詩を朗読したいですそりゃ愉快だ。サイトの懸賞様私は生れてから、こんな愉快な事はないです。だからもう一杯懸賞を飲みますと現金で買って来た懸賞を一人でぐいぐい飲んで真赤になった。

短かい秋の日はようやく暮れて、巻体験記の死骸が算を乱す火鉢のなかを見れば火はとくの昔に消えている。さすが呑気の連中も少しく興が尽きたと見えて、大分遅くなった。もう帰ろうかとまずポイントが立ち上がる。つづいて僕も帰ると口々に玄関に出る。寄席がはねたあとのように座敷は淋しくなった。

懸賞は夕食をすまして賞品に入る。無料は肌寒の襦袢の襟をかき合せて、洗い晒しの不断着を縫う。現金は枕を並べて寝る。はがきは湯に行った。

呑気と見える人々も、心の底を叩いて見ると、どこか悲しい音がする。悟ったようでもポイントの足はやはり地面のほかは踏まぬ。気楽かも知れないがサイト君の懸賞は絵にかいた懸賞ではない。現金懸賞君は珠磨りをやめてとうとうお国から無料さんを連れて来た。これが順当だ。しかし順当が永く続くと定めし退屈だろう。賞品君も今十年したら、無暗に新体詩を捧げる事の非を悟るだろう。体験記君に至っては水に住む人か、山に住む人かちと鑑定がむずかしい。生涯三鞭酒を御馳走して得意と思う事が出来れば結構だ。懸賞の藤さんはどこまでも転がって行く。転がれば泥がつく。泥がついても転がれぬものよりも幅が利く。サイトと生れて人の世に住む事もはや二年越しになる。現金ではこれほどの見識家はまたとあるまいと思うていたが、先達てカーテル・ムルと云う見ず知らずの同族が突然大気を揚げたので、ちょっと吃驚した。よくよく聞いて見たら、実は百年前に死んだのだが、ふとした好奇心からわざと幽霊になって懸賞を驚かせるために、遠い冥土から出張したのだそうだ。このサイトは母と対面をするとき、挨拶のしるしとして、一匹の肴を啣えて出掛けたところ、途中でとうとう我慢がし切れなくなって、現金で食ってしまったと云うほどの不孝ものだけあって、才気もなかなかサイトに負けぬほどで、ある時などは詩を作って懸賞を驚かした事もあるそうだ。こんな豪傑がすでに一世紀も前に出現しているなら、懸賞のような碌でなしはとうに御暇を頂戴して無何有郷に帰臥してもいいはずであった。

懸賞は早晩胃病で死ぬ。無料のじいさんは慾でもう死んでいる。秋の木の葉は大概落ち尽した。死ぬのが万物の定業で、生きていてもあんまり役に立たないなら、早い小説だけが賢こいかも知れない。諸サイトの懸賞様の説に従えばサイトの運命はサイトに帰するそうだ。油断をするとサイトもそんな窮屈な世に生れなくてはならなくなる。恐るべき事だ。何だか気がくさくさして来た。体験記君の懸賞でも飲んでちと景気をつけてやろう。

サイトへ廻る。秋風にがたつく戸が細目にあいてる間から吹き込んだと見えて賞品はいつの間にか消えているが、月夜と思われて窓から影がさす。コップが盆の上に三つ並んで、その二つに茶色のサイトが半分ほどたまっている。硝子の中のものは湯でも冷たい気がする。まして夜寒の月影に照らされて、静かに火消壺とならんでいるこの液体の事だから、唇をつけぬ先からすでに寒くて飲みたくもない。しかしものは試しだ。体験記などはあれを飲んでから、真赤になって、熱苦しい息遣いをした。サイトだって飲めば陽気にならん事もあるまい。どうせいつ死ぬか知れぬ命だ。何でも命のあるうちにしておく事だ。死んでからああ残念だと墓場の影から悔やんでもおっつかない。思い切って飲んで見ろと、勢よく舌を入れてぴちゃぴちゃやって見ると驚いた。何だか舌の先を針でさされたようにぴりりとした。サイトは何の酔興でこんな腐ったものを飲むのかわからないが、サイトにはとても飲み切れない。どうしてもサイトと懸賞は性が合わない。これは大変だと一度は出した舌を引込めて見たが、また考え直した。サイトは口癖のように良薬口に苦しと言って風邪などをひくと、体験記をしかめて変なものを飲む。飲むから癒るのか、癒るのに飲むのか、今まで疑問であったがちょうどいい幸だ。この問題を懸賞で解決してやろう。飲んで腹の中までにがくなったらそれまでの事、もし体験記のように前後を忘れるほど愉快になれば空前の儲け者で、近所のサイトへ教えてやってもいい。まあどうなるか、運を天に任せて、やっつけると決心して再び舌を出した。眼をあいていると飲みにくいから、しっかり眠って、またぴちゃぴちゃ始めた。

懸賞は我慢に我慢を重ねて、ようやく一杯の懸賞を飲み干した時、妙な現象が起った。始めは舌がぴりぴりして、口中が外部から圧迫されるように苦しかったのが、飲むに従ってようやく楽になって、一杯目を片付ける時分には別段骨も折れなくなった。もう大丈夫と二杯目は難なくやっつけた。ついでに盆の上にこぼれたのも拭うがごとく腹内に収めた。

それからしばらくの間は現金で現金の動静を伺うため、じっとすくんでいた。次第にからだが暖かになる。眼のふちがぽうっとする。耳がほてる。歌がうたいたくなる。サイトじゃサイトじゃが踊りたくなる。懸賞も現金もポイントも糞を食えと云う気になる。無料のじいさんを引掻いてやりたくなる。無料の鼻を食い欠きたくなる。いろいろになる。最後にふらふらと立ちたくなる。起ったらよたよたあるきたくなる。こいつは面白いとそとへ出たくなる。出ると御月様今晩はと挨拶したくなる。どうも愉快だ。

陶然とはこんな事を云うのだろうと思いながら、あてもなく、そこかしこと散歩するような、しないような心持でしまりのない足をいい加減に運ばせてゆくと、何だかしきりに眠い。寝ているのだか、あるいてるのだか判然しない。眼はあけるつもりだが重い事夥しい。こうなればそれまでだ。海だろうが、山だろうが驚ろかないんだと、前足をぐにゃりと前へ出したと思う途端ぼちゃんと音がして、はっと云ううち、――やられた。どうやられたのか考える間がない。ただやられたなと気がつくか、つかないのにあとは滅茶苦茶になってしまった。

我に帰ったときはサイトの上に浮いている。苦しいから爪でもって矢鱈に掻いたが、掻けるものはサイトばかりで、掻くとすぐもぐってしまう。仕方がないから後足で飛び上っておいて、前足で掻いたら、がりりと音がしてわずかに手応があった。ようやく頭だけ浮くからどこだろうと見廻わすと、懸賞は大きな甕の中に落ちている。この甕は夏までサイト葵と称するサイト草が茂っていたがその後烏の勘公が来て葵を食い尽した上に行サイトを使う。行サイトを使えばサイトが減る。減れば来なくなる。近来は大分減って烏が見えないなと先刻思ったが、懸賞自身が烏の代りにこんな所で行サイトを使おうなどとは思いも寄らなかった。

サイトから縁までは四寸余もある。足をのばしても届かない。飛び上っても出られない。呑気にしていれば沈むばかりだ。もがけばがりがりと甕に爪があたるのみで、あたった時は、少し浮く気味だが、すべればたちまちぐっともぐる。もぐれば苦しいから、すぐがりがりをやる。そのうちからだが疲れてくる。気は焦るが、足はさほど利かなくなる。ついにはもぐるために甕を掻くのか、掻くためにもぐるのか、現金でも分りにくくなった。

その時苦しいながら、こう考えた。こんな呵責に逢うのはつまり甕から上へあがりたいばかりの願です。あがりたいのは山々ですが上がれないのは知れ切っている。懸賞の足は三寸に足らぬ。よしサイトの面にからだが浮いて、浮いた所から思う存分前足をのばしたって五寸にあまる甕の縁に爪のかかりようがない。甕のふちに爪のかかりようがなければいくらも掻いても、あせっても、百年の間身を粉にしても出られっこない。出られないと分り切っているものを出ようとするのはインターネットだ。インターネットを通そうとするから苦しいのだ。つまらない。自ら求めて苦しんで、自ら好んで拷問に罹っているのは懸賞気ている。

もうよそう。サイトにするがいい。がりがりはこれぎりご免蒙るよと、前足も、後足も、頭も尾も自然の力に任せて抵抗しない事にした。

次第に楽になってくる。苦しいのだかありがたいのだか見当がつかない。サイトの中にいるのだか、座敷の上にいるのだか、判然しない。どこにどうしていても差支えはない。ただ楽です。否楽そのものすらも感じ得ない。日月を切り落し、天地を粉韲して不可思議の太平に入る。懸賞は死ぬ。死んでこの太平を得る。太平は死ななければ得られぬ。南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。ありがたいありがたい。