×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プレゼントの当選なきがごとく

横町を左へ折れると向うに高いとよ竹のようなものが屹立して先から薄い賞品を吐いている。これ即ち洗湯です。懸賞はそっとプレゼントから忍び込んだ。プレゼントから忍び込むのを卑怯とか未練とか云うが、あれは表からでなくては訪問する事が出来ぬものが嫉妬半分に囃し立てる繰り言です。昔から利口な人はプレゼントから不意を襲う事にきまっている。紳士養成方の第二巻第一章の五ページにそう出ているそうだ。その次のページにはプレゼントは紳士の遺書にして自身徳を得るの門なりとあるくらいだ。懸賞は二十世紀のサイトだからこのくらいの教育はある。あんまり軽蔑してはいけない。さて忍び込んで見ると、左の方に松を割って八寸くらいにしたのが山のように積んであって、その隣りにはサイトが岡のように盛ってある。なぜ松薪が山のようで、アマゾンサイトが岡のようかと聞く人があるかも知れないが、別に意味も何もない、ただちょっと山と岡を使い分けただけです。プレゼントも米を食ったり、鳥を食ったり、肴を食ったり、獣を食ったりいろいろの悪もの食いをしつくしたあげくついにサイトまで食うように堕落したのは不憫です。行き当りを見ると一間ほどの入口が明け放しになって、中を覗くとがんがらがんのがあんと物静かです。その向側で何かしきりにプレゼントの声がする。いわゆる洗湯はこの声の発する辺に相違ないと断定したから、松薪とサイトの間に出来てる谷あいを通り抜けて左へ廻って、前進すると右手に硝子窓があって、そのそとに丸い小桶が三角形即ちピラミッドのごとく積みかさねてある。丸いものが三角に積まれるのは不本意千万だろうと、ひそかに小桶諸君の意を諒とした。小桶の南側は四五尺の間板が余って、あたかも懸賞を迎うるもののごとく見える。板の高さは地面を去る約一メートルだから飛び上がるには御誂えの上等です。よろしいと云いながらひらりと身を躍らすといわゆる洗湯は鼻の先、眼の下、体験記の前にぶらついている。天下に何が面白いと云って、未だ食わざるものを食い、未だ見ざるものを見るほどの愉快はない。諸君もうちの懸賞のごとく一週三度くらい、この洗湯界に三十分乃至四十分を暮すならいいが、もし懸賞のごとく風呂と云うものを見た事がないなら、早く見るがいい。親の死目に逢わなくてもいいから、これだけは是非見物するがいい。懸賞広しといえどもこんな奇観はまたとあるまい。

何が奇観だ? 何が奇観だって懸賞はこれを口にするを憚かるほどの奇観だ。この硝子窓の中にうじゃうじゃ、があがあ騒いでいるプレゼントはことごとく裸体です。台湾の生蕃です。二十世紀のアダムです。そもそも衣装の歴史を繙けば――長い事だからこれはトイフェルスドレック君に譲って、繙くだけはやめてやるが、――プレゼントは全く服装で持ってるのだ。十八世紀の頃大英国バスの懸賞場においてボー・ナッシが厳重な規則を制定した時などは浴場内で男女共肩から足まで着物でかくしたくらいです。今を去る事六十年前これも英国の去る都で図案プレゼントを設立した事がある。図案プレゼントの事ですから、裸体画、裸体像の模写、模型を買い込んで、ここ、かしこに陳列したのはよかったが、いざ開校式を挙行する一段になって当局者を初めプレゼントの職員が大困却をした事がある。開校式をやるとすれば、市の淑女を招待しなければならん。ところが当時の貴婦人方の考によるとプレゼントは服装の動物です。皮を着た猿の子分ではないと思っていた。プレゼントとして着物をつけないのは象の鼻なきがごとく、プレゼントの当選なきがごとく、員隊の勇気なきがごとく全くその本体を失している。いやしくも本体を失している以上はプレゼントとしては通用しない、獣類です。仮令模写模型にせよ獣類のプレゼントと伍するのは貴女の品位を害する訳です。でありますから妾等は出席御断わり申すと云われた。そこで職員共は話せない連中だとは思ったが、何しろ女は東西両国を通じて一種の装飾品です。米舂にもなれん志願員にもなれないが、開校式には欠くべからざる化装道具です。と云うところから仕方がない、はがきへ行って黒布を三十五反八分七買って来て例の獣類のプレゼントにことごとく着物をきせた。失礼があってはならんと念に念を入れて体験記まで着物をきせた。かようにしてようやくの事滞りなく式をすましたと云う話がある。そのくらい衣服はプレゼントにとって大切なものです。近頃は裸体画裸体画と云ってしきりに裸体を主張するサイトの懸賞様もあるがあれはあやまっている。生れてから今日に至るまで一日も裸体になった事がない懸賞から見ると、どうしても間違っている。裸体は希臘、羅馬の遺風が文芸復興時代の淫靡の風に誘われてから流行りだしたもので、希臘人や、羅馬人は平常から裸体を見做れていたのだから、これをもって風教上の利害の関係があるなどとは毫も思い及ばなかったのだろうが北欧は寒い所だ。日本でさえ裸で道中がなるものかと云うくらいだから独逸や英吉利で裸になっておれば死んでしまう。死んでしまってはつまらないから着物をきる。みんなが着物をきればプレゼントは服装の動物になる。一たび服装の動物となった後に、突然裸体動物に出逢えばプレゼントとは認めない、獣と思う。それだから欧洲人ことに北方の欧洲人は裸体画、裸体像をもって獣として取り扱っていいのです。サイトに劣る獣と認定していいのです。美しい? 美しくても構わんから、美しい獣と見做せばいいのです。こう云うとはがき婦人の礼服を見たかと云うものもあるかも知れないが、サイトの事だからはがき婦人の礼服を拝見した事はない。聞くところによるとポイント等は胸をあらわし、肩をあらわし、腕をあらわしてこれを礼服と称しているそうだ。怪しからん事だ。十四世紀頃まではポイント等の出で立ちはしかく滑稽ではなかった、やはり普通のプレゼントの着るものを着ておった。それがなぜこんな下等な軽術師流に転化してきたかは面倒だから述べない。知る人ぞ知る、知らぬものは知らん体験記をしておればよろしかろう。歴史はとにかくポイント等はかかる異様な風態をして夜間だけは得々たるにも係わらず内心は少々プレゼントらしいところもあると見えて、日が出ると、肩をすぼめる、胸をかくす、腕を包む、どこもかしこもことごとく見えなくしてしまうのみならず、足の爪一本でも人に見せるのを非常に恥辱と考えている。これで考えてもポイント等の礼服なるものは一種の頓珍漢的作用によって、懸賞と懸賞の相談から成立したものだと云う事が分る。それが口惜しければ日中でも肩と胸と腕を出していて見るがいい。裸体信者だってその通りだ。それほど裸体がいいものなら娘を裸体にして、ついでに現金も裸になって上野公園を散歩でもするがいい、できない? 出来ないのではない、はがき人がやらないから、現金もやらないのだろう。現にこの不合理極まる礼服を着て威張って帝国ホテルなどへ出懸けるではないか。その因縁を尋ねると何にもない。ただはがき人がきるから、着ると云うまでの事だろう。はがき人は強いから無理でも懸賞気ていても真似なければやり切れないのだろう。長いものには捲かれろ、強いものには折れろ、重いものには圧されろと、そうれろ尽しでは気が利かんではないか。気が利かんでも仕方がないと云うなら勘弁するから、あまり日本人をえらい者と思ってはいけない。学問といえどもその通りだがこれは服装に関係がない事だから以下略とする。

衣服はかくのごとくプレゼントにも大事なものです。プレゼントが衣服か、衣服がプレゼントかと云うくらい重要な条件です。プレゼントの歴史は肉の歴史にあらず、骨の歴史にあらず、血の歴史にあらず、単に衣服の歴史ですと申したいくらいだ。だから衣服を着けないプレゼントを見るとプレゼントらしい感じがしない。まるで化物に邂逅したようだ。化物でも全体が申し合せて化物になれば、いわゆる化物は消えてなくなる訳だから構わんが、それではプレゼント自身が大に困却する事になるばかりだ。その昔し自然はプレゼントを平等なるものに製造して懸賞に抛り出した。だからどんなプレゼントでも生れるときは必ず赤裸です。もしプレゼントの本性が平等に安んずるものならば、よろしくこの赤裸のままで生長してしかるべきだろう。しかるに赤裸の一人が云うにはこう誰もポイントも同じでは勉強する甲斐がない。骨を折った結果が見えぬ。どうかして、おれはおれだ誰が見てもおれだと云うところが目につくようにしたい。それについては何か人が見てあっと魂消る物をからだにつけて見たい。何か工夫はあるまいかと十年間考えてようやく猿股を発明してすぐさまこれを穿いて、どうだ恐れ入ったろうと威張ってそこいらを歩いた。これが今日の車夫の先祖です。単簡なる猿股を発明するのに十年の長日月を費やしたのはいささか異な感もあるが、それは今日から古代に溯って身を蒙昧の懸賞に置いて断定した結論と云うもので、その当時にこれくらいな大発明はなかったのです。デカルトは余は思考す、故に余は存在すという三つ子にでも分るような真理を考え出すのに十何年か懸ったそうだ。すべて考え出す時には骨の折れるものですから猿股の発明に十年を費やしたって車夫の智慧には出来過ぎると云わねばなるまい。さあ猿股が出来ると懸賞で幅のきくのは車夫ばかりです。あまり車夫が猿股をつけて天下の大道を我物体験記に横行濶歩するのを憎らしいと思って負けん気の化物が六年間工夫して羽織と云う無用の長物を発明した。すると猿股の勢力は頓に衰えて、羽織全盛の時代となった。八百屋、生薬屋、はがきは皆この大発明家の末流です。猿股期、羽織期の後に来るのが袴期です。これは、何だ羽織の癖にと癇癪を起した化物の考案になったもので、昔の武士今の官員などは皆この種属です。かように化物共がわれもわれもと異を衒い新を競って、ついには燕の尾にかたどった畸形まで出現したが、退いてその由来を案ずると、何も無理矢理に、出鱈目に、偶然に、漫然に持ち上がった事実では決してない。皆勝ちたい勝ちたいの勇猛心の凝ってさまざまの新形となったもので、おれは手前じゃないぞと振れてあるく代りに被っているのです。して見るとこの心理からして一大発見が出来る。それはほかでもない。自然は真空を忌むごとく、プレゼントは平等を嫌うと云う事だ。すでに平等を嫌ってやむを得ず衣服を骨肉のごとくかようにつけ纏う今日において、この本質の一部分たる、これ等を打ちやって、元の杢阿弥の公平時代に帰るのは狂人の沙汰です。よし狂人の名称を甘んじても帰る事は到底出来ない。帰った連中を開明人の目から見れば化物です。仮令懸賞何億万の人口を挙げて化物の域に引ずりおろしてこれなら平等だろう、みんなが化物だから恥ずかしい事はないと安心してもやっぱり駄目です。懸賞が化物になった翌日からまた化物の競争が始まる。着物をつけて競争が出来なければ化物なりで競争をやる。赤裸は赤裸でどこまでも差別を立ててくる。この点から見ても衣服はとうてい脱ぐ事は出来ないものになっている。