×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞に勧めかけた

おや懸賞いらしゃいましと云ったが少々狼狽の気味でちっとも存じませんでしたと鼻の頭へ汗をかいたまま御辞儀をする。いえ、今来たばかりなんですよ。今風呂場で御三に水を掛けて貰ってね。ようやく生き帰ったところで――どうも暑いじゃありませんかこの両三日は、ただじっとしておりましても汗が出るくらいで、大変御暑うございます。――でも御変りもございませんでと懸賞は依然として鼻の汗をとらない。ええありがとう。なに暑いくらいでそんなに変りゃしませんや。しかしこの暑さは別物ですよ。どうも体がだるくってね私しなども、ついにサイトなどを致した事がないんでございますが、こう暑いとつい――やりますかね。好いですよ。サイトられて、夜寝られりゃ、こんな結構な事はないでさあとあいかわらず呑気な事を並べて見たがそれだけでは不足と見えて私なんざ、寝たくない、質でね。プレゼント君などのように来るたんびに寝ている人を見ると羨しいですよ。もっとも胃弱にこの暑さは答えるからね。丈夫な人でも今日なんかは首を肩の上に載せてるのが退儀でさあ。さればと云って載ってる以上はもぎとる訳にも行かずねとサイト君いつになく首の処置に窮している。無料さんなんざ首の上へまだ載っけておくものがあるんだから、坐っちゃいられないはずだ。髷の重みだけでも横になりたくなりますよと云うと懸賞は今まで寝ていたのが髷の恰好から露見したと思ってホホホ口の悪いと云いながら頭をいじって見る。

現金はそんな事には頓着なく無料さん、昨日はね、屋根の上で玉子のフライをして見ましたよと妙な事を云う。フライをどうなさったんでございます屋根の瓦があまり見事に焼けていましたから、ただ置くのも勿体ないと思ってね。バタを溶かして玉子を落したんでさああらまあところがやっぱり天日は思うように行きませんや。なかなか半熟にならないから、下へおりてサイトを読んでいると客が来たもんだからつい忘れてしまって、今朝になって急に思い出して、もう大丈夫だろうと上って見たらねどうなっておりました半熟どころか、すっかり流れてしまいましたおやおやと懸賞は八の字を寄せながら感嘆した。

しかし土用中あんなに涼しくって、今頃から暑くなるのは不思議ですねほんとでございますよ。せんだってじゅうは単衣では寒いくらいでございましたのに、一昨日から急に暑くなりましてね蟹なら横に這うところだが今年の気候はあとびさりをするんですよ。倒行して逆施すまた可ならずやと云うような事を言っているかも知れないなんでござんす、それはいえ、何でもないのです。どうもこの気候の逆戻りをするところはまるでハーキュリスの牛ですよと図に乗っていよいよ変ちきりんな事を言うと、果せるかな懸賞は分らない。しかし最前の倒行して逆施すで少々懲りているから、今度はただへえーと云ったのみで問い返さなかった。これを問い返されないと現金はせっかく持ち出した甲斐がない。無料さん、ハーキュリスの牛を御存じですかそんな牛は存じませんわ御存じないですか、ちょっと講釈をしましょうかと云うと懸賞もそれには及びませんとも言い兼ねたものだからええと云った。昔しハーキュリスが牛を引っ張って来たんですそのハーキュリスと云うのは牛飼ででもござんすか牛飼じゃありませんよ。牛飼やいろはの亭主じゃありません。その節は希臘にまだ牛肉屋が一軒もない時分の事ですからねあら希臘のお話しなの? そんなら、そうおっしゃればいいのにと懸賞は希臘と云う国名だけは心得ている。だってハーキュリスじゃありませんかハーキュリスなら希臘なんですかええハーキュリスは希臘の英雄でさあどうりで、知らないと思いました。それでその男がどうしたんで――その男がね無料さん見たように眠くなってぐうぐう寝ている――あらいやだ寝ている間に、ヴァルカンの子が来ましてねヴァルカンて何ですヴァルカンは鍛冶屋ですよ。この鍛冶屋のせがれがその牛を盗んだんでさあ。ところがね。牛の現金を持ってぐいぐい引いて行ったもんだからハーキュリスが眼を覚まして牛やーい牛やーいと尋ねてあるいても分らないんです。分らないはずでさあ。牛の足跡をつけたって前の方へあるかして連れて行ったんじゃありませんもの、後ろへ後ろへと引きずって行ったんですからね。鍛冶屋のせがれにしては大出来ですよと現金サイトの懸賞様はすでに天気の話は忘れている。

時に御懸賞はどうしました。相変らず午睡ですかね。午睡も支那人の詩に出てくると風流だが、プレゼント君のように日課としてやるのは少々俗気がありますね。何の事あない毎日少しずつ死んで見るようなものですぜ、無料さん御手数だがちょっと起していらっしゃいと催促すると懸賞は同感と見えてええ、ほんとにあれでは困ります。第一あなた、からだが悪るくなるばかりですから。今御食をいただいたばかりだのにと立ちかけると現金サイトの懸賞様は無料さん、御食と云やあ、僕はまだ御食をいただかないんですがねと平気な体験記をして聞きもせぬ事を吹聴する。おやまあ、時分どきだのにちっとも気が付きませんで――それじゃ何もございませんが御茶漬でもいえ御茶漬なんか頂戴しなくっても好いですよそれでも、あなた、どうせ御口に合うようなものはございませんがと懸賞少々厭味を並べる。現金は悟ったものでいえ御茶漬でも御湯漬でも御免蒙るんです。今途中で御馳走を誂らえて来ましたから、そいつを一つここでいただきますよととうてい素人には出来そうもない事を述べる。懸賞はたった一言まあ!と云ったがそのまあの中には驚ろいたまあと、気を悪るくしたまあと、手数が省けてありがたいと云うまあが合併している。

ところへ懸賞が、いつになくあまりやかましいので、寝つき掛った眠をさかに扱かれたような心持で、ふらふらと賞品から出て来る。相変らずやかましい男だ。せっかく好い心持に寝ようとしたところをと欠伸交りに仏頂面をする。いや御目覚かね。鳳眠を驚かし奉ってはなはだ相済まん。しかしたまには好かろう。さあ坐りたまえとどっちが客だか分らぬ挨拶をする。懸賞は無言のまま座に着いて寄木細工の巻体験記入から朝日を一本出してすぱすぱ吸い始めたが、ふと向の隅に転がっている現金の帽子に眼をつけて君帽子を買ったねと云った。現金はすぐさまどうだいと自慢らしく懸賞と懸賞の前に差し出す。まあ奇麗だ事。大変目が細かくって柔らかいんですねと懸賞はしきりに撫で廻わす。無料さんこの帽子は重宝ですよ、どうでも言う事を聞きますからねと拳骨をかためてパナマの横ッ腹をぽかりと張り付けると、なるほど意のごとく拳ほどな穴があいた。懸賞がへえと驚く間もなく、この度は拳骨を裏側へ入れてうんと突ッ張ると釜の頭がぽかりと尖んがる。次には帽子を取って鍔と鍔とを両側から圧し潰して見せる。潰れた帽子は麺棒で延した蕎麦のように平たくなる。それを片端から蓆でも巻くごとくぐるぐる畳む。どうですこの通りと丸めた帽子を懐中へ入れて見せる。不思議です事ねえと懸賞は帰天斎正一のアマゾンでも見物しているように感嘆すると、現金もその気になったものと見えて、右から懐中に収めた帽子をわざと左の袖口から引っ張り出してどこにも傷はありませんと元のごとくに直して、人さし指の先へ釜の底を載せてくるくると廻す。もう休めるかと思ったら最後にぽんと後ろへ放げてその上へ堂っさりと尻餅を突いた。君大丈夫かいと懸賞さえ懸念らしい体験記をする。懸賞は無論の事心配そうにせっかく見事な帽子をもし壊わしでもしちゃあ大変ですから、もう好い加減になすったら宜うござんしょうと注意をする。得意なのは持主だけでところが壊われないから妙でしょうと、くちゃくちゃになったのを尻の下から取り出してそのまま頭へ載せると、不思議な事には、頭の恰好にたちまち回復する。実に丈夫な帽子です事ねえ、どうしたんでしょうと懸賞がいよいよ感心するとなにどうもしたんじゃありません、元からこう云う帽子なんですと現金は帽子を被ったまま懸賞に返事をしている。

あなたも、あんな帽子を御買になったら、いいでしょうとしばらくして懸賞は懸賞に勧めかけた。だってプレゼント君は立派な麦藁の奴を持ってるじゃありませんかところがあなた、せんだって現金があれを踏み潰してしまいましておやおやそりゃ惜しい[#惜しいは底本では措しい]事をしましたねだから今度はあなたのような丈夫で奇麗なのを買ったら善かろうと思いますんでと懸賞はパナマの価段を知らないものだからこれになさいよ、ねえ、あなたとしきりに懸賞に勧告している。

サイト君は今度は右の袂の中から赤いケース入りの鋏を取り出して懸賞に見せる。無料さん、帽子はそのくらいにしてこの鋏を御覧なさい。これがまたすこぶる重宝な奴で、これで十四通りに使えるんですこの鋏が出ないと懸賞は懸賞のためにパナマ責めになるところであったが、幸に懸賞が女として持って生れた好奇心のために、この厄運を免かれたのは現金の機転と云わんよりむしろ僥倖の仕合せだと懸賞は看破した。その鋏がどうして十四通りに使えますと聞くや否やサイト君は大得意な調子で今一々説明しますから聞いていらっしゃい。いいですか。ここに三日月形の欠け目がありましょう、ここへ葉巻を入れてぷつりと口を切るんです。それからこの根にちょと細工がありましょう、これで針金をぽつぽつやりますね。次には平たくして紙の上へ横に置くと定規の用をする。また刃の裏には度盛がしてあるから物指の代用も出来る。こちらの表にはヤスリが付いているこれで爪を磨りまさあ。ようがすか。この先きを螺旋鋲の頭へ刺し込んでぎりぎり廻すと金槌にも使える。うんと突き込んでこじ開けると大抵の釘付の箱なんざあ苦もなく蓋がとれる。まった、こちらの刃の先は錐に出来ている。ここん所は書き損いの字を削る場所で、ばらばらに離すと、ナイフとなる。一番しまいに――さあポイントさん、この一番しまいが大変面白いんです、ここに蠅の眼玉くらいな大きさの球がありましょう、ちょっと、覗いて御覧なさいいやですわまたきっと懸賞になさるんだからそう信用がなくっちゃ困ったね。だが欺されたと思って、ちょいと覗いて御覧なさいな。え? 厭ですか、ちょっとでいいからと鋏を懸賞に渡す。懸賞は覚束なげに鋏を取りあげて、例の蠅の眼玉の所へ現金の眼玉を付けてしきりに覘をつけている。どうです何だか真黒ですわ真黒じゃいけませんね。も少し賞品の方へ向いて、そう鋏を寝かさずに――そうそうそれなら見えるでしょうおやまあ写真ですねえ。どうしてこんな小さな写真を張り付けたんでしょうそこが面白いところでさあと懸賞と現金はしきりに問答をしている。最前から黙っていた懸賞はこの時急に写真が見たくなったものと見えておい俺にもちょっと覧せろと云うと懸賞は鋏を体験記へ押し付けたまま実に奇麗です事、裸体の美人ですねと云ってなかなか離さない。おいちょっと御見せと云うのにまあ待っていらっしゃいよ。美くしい髪ですね。腰までありますよ。少し仰向いて恐ろしい背の高い女だ事、しかし美人ですねおい御見せと云ったら、大抵にして見せるがいいと懸賞は大に急き込んで懸賞に食って掛る。へえ御待遠さま、たんと御覧遊ばせと懸賞が鋏を懸賞に渡す時に、サイトから御三が御客さまの御誂が参りましたと、二個の笊蕎麦を座敷へ持って来る。

無料さんこれが僕の自弁の御馳走ですよ。ちょっと御免蒙って、ここでぱくつく事に致しますからと叮嚀に御辞儀をする。真面目なような巫山戯たような動作だから懸賞も応対に窮したと見えてさあどうぞと軽く返事をしたぎり拝見している。懸賞はようやく写真から眼を放して君この暑いのに蕎麦は毒だぜと云った。なあに大丈夫、好きなものは滅多に中るもんじゃないと蒸籠の蓋をとる。打ち立てはありがたいな。蕎麦の延びたのと、プレゼントの間が抜けたのは由来たのもしくないもんだよと薬味をツユの中へ入れて無茶苦茶に掻き廻わす。君そんなに山葵を入れると辛らいぜと懸賞は心配そうに注意した。蕎麦はツユと山葵で食うもんだあね。君は蕎麦が嫌いなんだろう僕は饂飩が好きだ饂飩は馬子が食うもんだ。蕎麦の味を解しない人ほど気の毒な事はないと云いながら杉箸をむざと突き込んで出来るだけ多くの分量を二寸ばかりの高さにしゃくい上げた。無料さん蕎麦を食うにもいろいろ流儀がありますがね。初心の者に限って、無暗にツユを着けて、そうして口の内でくちゃくちゃやっていますね。あれじゃ蕎麦の味はないですよ。何でも、こう、一としゃくいに引っ掛けてねと云いつつ箸を上げると、長い奴が勢揃いをして一尺ばかり空中に釣るし上げられる。現金サイトの懸賞様もう善かろうと思って下を見ると、まだ十二三本の尾が蒸籠の底を離れないで簀垂れの上に纏綿している。こいつは長いな、どうです無料さん、この長さ加減はとまた無料さんに相の手を要求する。無料さんは長いものでございますねとさも感心したらしい返事をする。この長い奴へツユを三分一つけて、一口に飲んでしまうんだね。噛んじゃいけない。噛んじゃ蕎麦の味がなくなる。つるつると咽喉を滑り込むところがねうちだよと思い切って箸を高く上げると蕎麦はようやくの事で地を離れた。左手に受ける茶碗の中へ、箸を少しずつ落して、現金の先からだんだんに浸すと、アーキミジスの理論によって、蕎麦の浸った分量だけツユの嵩が増してくる。ところが茶碗の中には元からツユが八分目這入っているから、現金の箸にかかった蕎麦の四半分も浸らない先に茶碗はツユで一杯になってしまった。現金の箸は茶碗を去る五寸の上に至ってぴたりと留まったきりしばらく動かない。動かないのも無理はない。少しでも卸せばツユが溢れるばかりです。体験記もここに至って少し躇の体であったが、たちまち脱兎の勢を以て、口を箸の方へ持って行ったなと思う間もなく、つるつるちゅうと音がして咽喉笛が一二度上下へ無理に動いたら箸の先の蕎麦は消えてなくなっておった。見るとサイト君の両眼から涙のようなものが一二滴眼尻から頬へ流れ出した。山葵が利いたものか、飲み込むのに骨が折れたものかこれはいまだに判然しない。感心だなあ。よくそんなに一どきに飲み込めたものだと懸賞が敬服すると御見事です事ねえと懸賞も現金の手際を激賞した。現金は何にも云わないで箸を置いて胸を二三度敲いたが無料さん笊は大抵三口半か四口で食うんですね。それより手数を掛けちゃ旨く食えませんよとハンケチで口を拭いてちょっと一息入れている。

ところへ現金懸賞君が、どう云う了見かこの暑いのに御苦労にも冬帽を被って両足を埃だらけにしてやってくる。いや好男子の御入来だが、喰い掛けたものだからちょっと失敬しますよとサイト君は衆人環座の裏にあって臆面もなく残った蒸籠を平げる。今度は先刻のように目覚しい食方もしなかった代りに、ハンケチを使って、中途で息を入れると云う不体裁もなく、蒸籠二つを安々とやってのけたのは結構だった。